チケット印刷

  • チケット印刷
    デザイン制作サービス
    クレジットカード
    後払い.com
    FREX B2B
  • チケット印刷なら激安ネット印刷のプリントアースにお任せください!
    展示会やイベント、博覧会、ライブ、コンサートなどで使用する入場チケットだけでなく、割引券やクーポンチケット、回数券などとして使用できます。
    広告宣伝ツールとしても活躍します。最短で当日発送も可能です。ナンバリングやミシン加工などのオプションもお選びいただけます。
    発注枚数が多い程、1枚あたりのコストは下がりますが、小ロット10枚セットより上質なチケットをお届け致します。

    当日・1・2・3・4・5・7・10営業日発送

チケット印刷ご注文・価格表(お見積り)はこちらご注文の際はご希望のサイズをクリックし、価格表へお進みください。

※価格表はサイズ→カラー→用紙→オプションを選んでいただいた後に納期と一緒に表示されます。

チケット印刷特長

多彩なサイズでオリジナルのチケットを印刷できます。コンサートチケットや変形サイズのフライヤーなど使用方法は多種多様です。
ミシン目のほかにも、やナンバーリング加工などを加えることで、チケットの使い道が広がります。
チケットのサイズは50×50~100x200mmまで対応し、印刷する情報量によって柔軟にサイズを変えることが可能です。
最低10枚からご注文いただけますので、チケットを数種類の仕上りを分けるといった使い方もしていただけます。

チケット印刷対応用紙

  • 薄い
  • 厚い

▼スクロールをしてご確認ください。

53kg 55kg 70kg 73kg 90kg 110kg 135kg 160kg 180kg 220kg
コート紙
マット
コート紙
上質紙
用紙
おまかせ

135kgより厚い用紙をご希望の場合は厚紙フライヤーの変形サイズにてご注文ください。

厚 さ 説 明
53kg 通常のコピー紙より少し薄手の紙です。大部数の印刷で新聞折込用のチラシなどに
多くご利用頂いています。
73kg 通常のコピー紙より少ししっかりとした紙です。チラシ、フライヤーなどに適しています。
90kg チラシ、フライヤー、リーフレット、ポスターなどに最適の厚さです。
冊子の本文用紙としてもご利用いただけます。
110kg チラシ、フライヤー、リーフレット、ポスター以外に会社案内のパンフレットや冊子・カタログなどにもご利用いただけます。
135kg しっかりした厚みで、一般的なCDジャケットやポスターに使用する用紙です。
高級感を求められる印刷物に適しています。
180kg 官製はがきとほぼ同じ厚さで、DM(ダイレクトメール)や名刺、ポストカードなどに最適です。
220kg 官製はがきより厚くしっかりとした厚みです。ギャラリー用のハガキや、写真・イラストなどを印刷して配布するようなものに適しています。
印刷用語… 厚さkgとは?

印刷業界では原紙1000枚を1連といいます。その1連の重さを表す量を“連量”と呼びます。原紙が厚くなれば一連の重さも重くなるため、連量はその紙の厚みを測る目安として利用されています。目にされる“kg”はこの連量の単位となっております。数字が小さいのが厚さが薄く、大きくなるほど厚みが厚くなります。
厚さのkgは四六判での表記に統一しております。

用紙おまかせについて

両面印刷の場合、用紙の厚さとデザインによっては裏面のデザインが透ける場合がございますが、刷り直しには対応できませんので予め ご了承ください。「おまかせ用紙」で複数ご注文いただいた場合、それぞれの商品で用紙の厚さが異なる場合がございます。
増刷注文で「おまかせ用紙」をお選びいただいた場合、前回の印刷物とは異なる紙種・厚さとなる場合がございます。
前回と同じ仕様で印刷をご希望の場合は、「おまかせ用紙」ではなく、通常どおり紙種・厚さをお選びください。

チケット印刷対応オプション

ミシン入れ・ナンバー入れをご選択のお客様の注意点

ミシンは用紙の端から20ミリ以上内側に指定してください。
ミシン目とミシン目の間隔は20ミリ以上開けてください。
ミシンは下図のように端から端まで直線で通ります。途中で止める、曲げるはできません。
ナンバーを入れる位置は、紙端より3mm以上、ミシン目より3mm以上離してください。

ミシン入れ・ナンバー入れ注意点

デザイン制作サービスデザイン制作サービス

はじめてのチケット関連作成のポイント

サイズ


弊社でも50mm×50mm~200mm×100mmにて作成可能です。既定のサイズがなく、任意のサイズで作れるので非常に自由度が高いのですが、御迷いの方もおられるかと思います。


クレジットカード(54mmx86mm)や、名刺(55mmx91mm)のような手のひらサイズだと、映画や遊園地の当日の入場チケットのようなものが作れます。最低限の情報だけでいい場合や、特にプレミア感が不要の場合におすすめです。


主流は、壱萬円札(76mmx160mm)より少し小さいサイズです。

壱萬円札より大きいとほとんどの財布に入りません。

コンビニでプリントアウトされるチケットぴあのチケット(55mmx150mm)や、千円札(76mmx150mm)、映画の前売り券や美術館の入場券(60mmx170mm)などです。

ユーザーにとって、二つ折の財布は難しいですが、長財布に折り曲げずに入れることができるため、利用後大切にチケットを保管したい方にも喜ばれますし、紛失防止にも一役買えます。

また、主催者にとって、たくさんの情報が掲載可能であることもメリットではないでしょうか。


高額なプレミアムなチケットの場合は、郵便で郵送するかと思いますが、到着した封筒を開封した時に、小さすぎるとがっかりされるかもしれません。 チケットのサイズはある程度大きい方が良いかと思います。




印刷カラー


●片面印刷

・片面カラー

・片面モノクロ


チケットは、金券として、また証明書として使用するものです。

そのため本来は、見てすぐ本イベントのものであると分かれば要件は満たしますので、片面印刷で問題ないものです。


●両面印刷

・両面カラー

・両面モノクロ

・表面カラー/裏面モノクロ


身内やお知り合いの方々へ配布するチケットであれば、片面で充分ですが、不特定多数の方への配布や販売するチケットの場合、トラブル回避のためにも注意事項などの記載が必要になります。

片面だけではスペースが足らないため、両面を活用することになります。

文字中心になることが多いためか、裏面はモノクロが圧倒的に多いです。




用紙


チケットにおすすめの用紙は、上質紙です。

鮮やかなカラー印刷には不向きですが、紙のコシが強く、ハンコが押せたり、鉛筆やペンで書き込み可能ですので、チケットの管理に適する用紙です。

チケットぴあのチケットも上質紙になります。


上質紙より高級感があり、書き込みもできるのが、マットコート紙です。

美術館の入場券に使用されています。表面のつやを抑えた手触りも良い用紙です。


映画の前売り券などで使用されているのがコート紙です。

発色がよく表面に光沢があり、カラー印刷に最適の用紙です。

ペンで書き込むような印刷物には向いていません。

表面がツルツルで管理しにくいのが欠点ですが、リーズナブルです。


各用紙の違いは、下記をご覧くださいませ




ナンバリング加工


ナンバー入れ加工とは、必要に応じてチケットの座席指定や抽選くじ等に記載されている、個別のに座席やナンバーなどを印字する加工になります。

No.0001、0002、0003・・といった数字連番のNo.入れ、数字やアルファベットを含む指定席、シリアル番号の印刷に対応しています。

桁数やNo.ありなしなどの場合はご注文手続きの備考欄に記載願います。



ミシン入れ加工


必要に応じてミシン目に沿って切り取りができます。

仕上がりの端から端まで通ります。



はじめての回数券作成のポイント


高速道路の回数券、電車の回数券昔はかなり普及していましたが、ETCやICカードにより、見かけなくなって随分と経ちます。それでも、喫茶店のコーヒー券や、スーパー銭湯の入浴券など、回数券を目にすることは少なくありません。

常連のお客様にとっても、お店にとってもメリットのある回数券作成のポイントを考察します。



サイズ


10回分の料金で11枚綴りの回数券を販売するのが一般的ですが、これらは比較的低価格のものが多いようです。また、10回利用するのにかなりのお時間がかかるものも、お客様の負担になるため適切ではないようです。

高価なものや、利用頻度の低いものは、11枚綴りの対象ではなく、5回分の料金で6枚綴りの回数券を販売されるのが有効です。


6枚綴りは、55mmx192mmにて作成するのが一般的です。

21mm毎に、5つミシン入れ加工をします。

6枚目は表紙と繋がっております。




カラーとデザイン


基本的には、片面印刷で充分だと思います。

消耗品ですので、できるだけコストを抑えるのがオススメです。

簡易的な文字だけの物であればモノクロでもいいでしょう。




用紙


回数券には、上質紙がおすすめです。

なぜなら、ハンコを押したり、書き込み可能だからです。

また、高額な回数券は、マット紙がおすすめです。

コート紙は、回数券には向いておりません。


各用紙の違いは、下記をご覧くださいませ




印刷用紙の違いをもう少し詳しく

当社でご用意しております、印刷用紙は、コート紙、マットコート紙、上質紙の3種類をラインナップして 取り揃えております。

それぞれ、詳しくご説明いたしますので、是非最後までお読みいただきまして最適な用紙をお選びください。


コート紙

表面に薬品をコーティングをした表面に光沢のある発色性の高い艶のある用紙になります。

印刷用紙は、塗料が塗られた「塗工紙」と、塗られていない「非塗工紙」の2つに分けられ、コート紙は「塗工紙」の分種になります。

表面がツルツルとした感触で、色鮮やかで、写真の再現性が高いです。

また、インキが乾きやすく、ベタ塗りが多くても裏うつりしにくく、長期保存でも劣化も少ないです。

しかも低価格ですので、定番的なチラシを大量に作成するにも向いております。

乾きが早いため、超特急でお急ぎの方にも向いております。


身近なところでは、新聞折り込みチラシ、イベント告知チラシ、雑誌の表紙やグラビア、ブルーレイジャケット、DVDジャケット、CDジャケット、写真集、フォトブック、アルバム、会社の案内パンフ、通販カタログ、プログラム、商品パッケージなどに採用されています。

フルカラー写真の色味の多い印刷物にはクオリティを期待できますのでおすすめです。

新聞折り込みチラシには、スタンダードで一番のおすすめとなります。


しかし、表面の加工上、鉛筆やペンで書き込みにはむいておりません。

また、文字の多い印刷物にも、読みにくいためむいておりませんのでフォト向けの用紙になります。




マットコート紙

表面に薬品をコーティングをした表面の光沢を抑えた艶消しの用紙になります。

印刷用紙は、塗料が塗られた「塗工紙」と、塗られていない「非塗工紙」の2つに分けられ、マットコート紙は「塗工紙」の分種になります。

マット紙、マットコート紙は同じものになります。

表面はサラッとした質感で、色はややくすんでいて、落ち着いた雰囲気を表現し、光沢が抑えられていることで、光の反射やチラつきの少ない、長時間見ても疲れにくいというメリットがあります。


インキが乾きにくいので、ベタの多いデザインには不向きです。

また、コート紙に比べ彩度が劣るため鮮やかなカラー印刷には不向きですが、上品で気品ある仕上がりなので、案内状やウェディングなどの招待状などフォーマルな演出にぴったりです。


文字やイラスト写真をバランスよく見せる場合や、モノクロトーンにももおすすめです。


チラシ・フライヤー、カタログ、二つ折りパンフレット、企業の案内パンフ、冊子、名刺、カード、飲食店メニュー、回数券におすすめです。

ボールペンなどでの書き込みはある程度可能ですので、セミナーなどのアンケート用紙なども可能です。


高級感を重視したい、落ち着いた雰囲気を表現したいチケットにはおすすめです。




上質紙

印刷用紙は、塗料が塗られた「塗工紙」と、塗られていない「非塗工紙」の2つに分けられ、上質紙は「非塗工紙」の分種になります。

コピーのために使用する上質紙を、コピー用紙と呼んでいます。

ざらついた感触で、コーティングがない分、色が沈んで少し暗めの発色に仕上がりで、鮮やかなカラー印刷や、ベタの多いデザインには不向きです。


コーティングが無いため紙本来の白さが求められ、コート紙やマットコート紙に比べて費用は割高になります。

手作り感のある雰囲気にして、ほかのチラシと差別化したいときなどに、また、筆やペンで書き込むような印刷物を作成したい場合などにも上質紙を選ぶのがおすすめです。


書籍、本、雑誌、広報誌、会報、同人誌、取り扱い説明書、郵便はがき、往復はがき、絵はがき、年賀状、カタログ、標準的なモノクロチラシ、書き込みを前提としたチラシ、集客のためのチラシ、文字情報の多いチラシ、ポスター、カレンダー、コピー用紙、事務用伝票、領収書、納品書、メモ帳、ノート、原稿用紙、会議などで使用する冊子、セミナーなどのアンケート用紙などに採用されていまして、用途は豊富です。

一味違ったチケットをお考えの際は、是非ご検討ください。



  

用途に合わせて、使い分けるたり変更するのがおすすめです。

  

チケットの作成は10枚より承っております。

実際に触れて見て、決めたいお客様は、こちらのフォームから見本請求お願いします。

オフセット印刷とオンデマンド印刷につきまして

プリントアースでは、ご注文の商品サイズ、部数、納期などお客様の様々なご要望に対し柔軟に対応が行えるように「オフセット印刷」と「デジタルオンデマンド印刷」を組み合わせてご提供しております。

チケット印刷につきましては、高品質な「オフセット印刷」を低価格でご提供しておりますが、3,000部以下の商品につきましては、「デジタルオンデマンド印刷」となる場合がございます。


オフセット印刷とは

『ウィキペディア(Wikipedia)』によりますと

オフセット印刷(オフセットいんさつ、英: Offset printing)は、印刷技術のひとつである。実際に印刷イメージが作られている版と紙が直接触れないのが特徴である。版に付けられたインキを、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写(offset)した後、紙などの被印刷体に印刷するため、オフセット印刷と呼ばれる。

オフセット印刷の大半が平版(へいはん)を用いて行われているため、オフセットと言えば平版オフセット印刷のことを指すようになった。略して「オフセット」「オフ」と呼ばれることが多い。しかし、版に凸版を用いるドライオフセット印刷や、電子写真方式のオンデマンド印刷機にもオフセット方式を用いたもの(コダック・ネクスプレスなど)がある。

とあります。

デメリットは、いわゆる版を作成して印刷する方法になりますので、版を作成するコスト(時間・料金)がかかりますので、少部数の場合割高に、そして製作期間も長くなり、早い納期が難しくなります。

メリットは、高解像度の非常に綺麗な仕上がりになり、部数が多い場合は、単価が下がります。

オンデマンド印刷とは

『ウィキペディア(Wikipedia)』によりますと

オンデマンド印刷(オンデマンドいんさつ)とは、「要求があり次第(オンデマンド)」に迅速に印刷する方法。注文印刷のこと。大量に印刷する場合、オフセット印刷では「版」を作る必要があり、また試し刷りも必要であることから印刷物の完成まで時間がかかるが、版の製作が不要なデジタル印刷機[1]が登場し現実のものとなった。本来は印刷技法を指す用語ではなく印刷のあり方をしめす用語であって、オフセット印刷であってもごく短納期・少部数であれば、オンデマンド印刷と称することもある。

とあります。

デメリットは、技術の進歩により、オフセット印刷と比較してもそん色ないレベルになって来ていますが、色ムラや細かな描写はにじむ場合もあります。また、部数が増えるほどコストが上がります。

メリットとしては、版の作成が不要ですので納期が早いです。また、少部数の場合のコストを抑えることができます。

このように「オフセット印刷」と「デジタルオンデマンド印刷」には、それぞれ、長所と短所がございますので、プリントアースでは、チケット印刷につきましては、高品質な「オフセット印刷」を低価格でご提供しておりますが、3,000部以下の商品につきましては、「デジタルオンデマンド印刷」とさせて頂いております。

チケットについてその他

チケット印刷を利用して、売上アップを!
チケット印刷
チケット印刷増えてます
格安チケット印刷、どなた様も熱烈歓迎、まかせて安心。